背中ニキビ治療の前にニキビの原因をチェック!

原因背中ニキビ治療を考えている場合、まずは背中ニキビができてしまう原因について知っておくと良いでしょう。

ニキビは毛穴が詰まって皮脂が毛穴内部に溜まり、そこにアクネ菌が増殖することで発生してしまいます。
まずは毛穴が詰まる理由についてチェックしておきましょう。

背中というのはもともと皮脂の分泌量が多い場所です。

しかし、なんらかの原因でさらに皮脂の分泌量が増加してしまった場合、排出しきれなくなってしまいます。
結果として毛穴が詰まりやすくなるということです。

皮脂の分泌量が増える原因としてはまず、男性ホルモンの分泌量が増えてしまうことが挙げられます。

男性ホルモンには皮脂腺を刺激するという作用があるため、皮脂の過剰分泌を引き起こすということです。

皮脂が排出しきれなくなった場合、毛穴を塞いで背中ニキビを作ってしまいます。
炭水化物や糖分を多く含む食品の中には食後に血糖値が急上昇してしまうものがあります。

インシュリンには血糖値を下げる効果がありますが、男性ホルモンを刺激するという働きもありますし、
皮脂の過剰分泌を引き起こす原因となってしまうでしょう。

菌が繁殖

動物性脂肪の多い食品を摂取した場合も皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまいます。
また、ビタミンB群には皮脂の分泌を抑える作用があります。ビタミンB群が減少すると皮脂の分泌量が
増えてしまうため、背中ニキビ治療のためには積極的に摂取した方が良いでしょう。

背中をきちんと洗っていないと古い角質や余分な皮脂が溜まりやすくなります。

背中は洗いにくい場所ですし、洗い残しが発生しやすいとされています。

古い角質は余分な皮脂が溜まると背中ニキビが発生しやすくなります。

また、石鹸やシャンプーなどが残っている場合も毛穴が詰まりやすくなります。
そのためきちんと洗い流すようにしましょう。

背中ニキビは乾燥によって発生してしまうこともあります。
乾燥を防ぐために保湿ケアを行っても良いでしょう。