思春期、甘いものを食べ過ぎた時、ちょっと疲れたな?と思ったとき…にきびって知らない間にできていて、なかなかなおらない。
無理矢理つぶしてしまったりして、更ににきび跡に悩まされること、ありますよね。

甘いもの

肌のケアをしっかりすることによって、肌トラブルは確実に少なくなります。
化粧水は、もっとも手軽で効果のある肌ケアの方法。

洗顔後、水と一緒に肌の水分が蒸発してしまうため、そのまま放っておくとお肌は乾燥してしまいます。

お肌が乾燥すると、それを補うために肌が油分をだして乾燥を防ごうとします。その結果、肌の毛穴が詰まってしまってにきびの
原因となってしまうのです。

化粧水

洗顔後、こまめに化粧水をつけてお肌の水分を補給して脂質肌を防ぐことで、にきびトラブルは減少します。
とっても簡単なので、ぜひお試しください。

背中にできるニキビには男女共に同じ原因があり、20歳を過ぎた頃からできやすくなる大人ニキビと呼ばれるものです。
思春期にできるニキビは、成長過程のホルモンバランスが変化することが原因なので時間が経つと治りますが、
大人ニキビはしっかりとケアしていないとなかなか治りません。

そんな治りにくい背中ニキビ治療には、肌の健康を改善しつつニキビの殺菌もしてくれる
ニキビ用の固形石鹸を使ったケア方法がおすすめです。

ニキビを解消する殺菌成分もいくつか種類があり、イソプロピルメチルフェノールは
広範囲の菌カビに効果を発揮し、安全性の高い殺菌・消毒作用を持ち、トリクロロカルバニリドは
グラム陽性菌に対して優れた防腐・殺菌作用を持っています。

また、殺菌成分以外にも毛穴の詰まりを防ぐ「汚れを吸着する成分」が含まれているのも重要です。

汚れを吸着する成分とは、カオリンやガッスールといった天然クレイ成分のことを指します。
カオリンは皮脂や水分を良く吸収する粘土で、中国産のものが多いです。
ガッスールはモロッコだけで産出される、洗浄力と保湿力を兼ね備えた粘土で、泥パック等に使用されています。

背中ニキビ治療をケアする為には固形石鹸の選び方はもちろん、洗い方も大切になります。
背中に角栓ができることが気になるからといってナイロンタオルでゴシゴシと洗ってしまうと、
かえって毛穴が詰まりニキビが悪化することに繋がってしまいます。

ナイロンタオルの摩擦で効果があると感じるかもしれませんが、毛穴の汚れが落ちるわけではありませんので、注意が必要です。

そのためにも天然クレイが含まれている石鹸が効果的で、手で優しく洗うだけで毛穴の汚れを
しっかりと吸着して取り除いてくれます。

洗う前に背中ニキビに綺麗な泡をつけておくのも有効で、最初に泡をつけておくことにより
毛穴の奥まで綺麗な泡が行き届いて余分な皮脂を洗い流します。

このように、背中ニキビ治療には殺菌成分や天然クレイが含まれている固形石鹸でのケア方法が効果的なので、
背中ニキビに悩んでいる人は試してみてはどうでしょうか。